妊娠中ホルモンバランスの変化で肌荒れがひどいぜベイビー

TOP PAGE ⇒ 「妊娠するとホルモンの均衡が崩れるため」

妊娠するとホルモンの均衡が崩れるため

妊娠するとホルモンの均衡が崩れるため、肌には潤いがなくなり、肌荒れを引き起こしやすくなります。妊娠する前よりもしっかりと肌の保湿をすることが求められますが、妊娠中のママはお腹にできる「妊娠線」が一番気になりますよね。

お腹が大きくなるのは胎児の成長に伴ってのことですが、皮膚の伸びがそれに対応できなかったため組織が断裂して線になっているので、この妊娠線を作らないようにするためには、念入りに保湿を行うだけでなく、急激に体重が増えないようにすることも大事です。



スキンケアの基本は洗顔です。

洗顔方法を正しく学ぶことが、綺麗なすっぴん肌を手軽に手に入れることができるのです。洗顔というと手で洗うものと思いがちですが、それは間違いです。



洗顔は洗顔料の泡で顔を洗うことをいいます。
指先で直接顔のお肌を洗うのではなく、たっぷりの泡を顔の上に優しく広げるように洗うと肌に負荷をかけない本当の洗顔ができます。洗顔の後にはすぐさま化粧水、乳液、美容クリームなどでちゃんと保湿することも忘れないでくださいね。私がお肌のケアで重視しているのは、最初につけたスキンケア化粧品が肌に馴染んでから次に使う肌ケア用品を使用する事です。

まず洗顔後タオルで水分を拭き取ってから化粧水をつけます。
すぐさま次の美容液などを付けたいところですが、化粧水が肌の奥まで浸透するのを待つようにします。化粧水が肌に浸透したのを感じ取ったら次に美容液をつけます。この工程も化粧水と同じで浸透するまで待ちます。



最後のクリームも美容液など馴染んでから使用します。

丁寧に時間をかけてスキンケアをすると肌も応えてくれますよ年齢に比例して現れる気になる肌トラブルといえば、たるみ、しわ、ほうれい線。
年齢を感じさせる顔に変わっていくのは悲しいものがあります。
年齢肌対策の化粧品を使用していますが、これでは効能が物足りないので恥ずかしいですが表情筋を鍛える顔体操をしています。

お風呂に入った一人の時間にいつもは使用していない筋肉も動くように様々な表情で筋肉を鍛えたり、マッサージでほぐしたりしています。スタート時には悩みだらけだった顔にメリハリが出たように見えますし、頬が上がりほうれい線も解消されてきました。


スキンケアは私にとって女の子にとってもとても欠かせない物です。ここ数年で男性も化粧水や乳液を使って美肌ケアするようになり女子よりもお肌が綺麗な女子力高め男子が目につく事も増えました。年齢と友に肌年齢は現れるので私は日常的に家から出ない場合でもUVカットクリームを使用するようにしていたり、洗顔料も良く泡立てネットで泡立てふわふわにした石鹸を使って洗顔し水で流したりします。

ほんのわずかな心がけでも、年老いてからこれまでコツコツと続けてきたことがお肌に現れてくることを願って毎日肌のお手入れはしっかりとやっています。肌が乾燥する理由の一つは洗顔です。お化粧をすると女子の場合、メイクを落とすためにクレンジング剤を使用してから洗顔フォームなどで顔をしっかりと洗い上げる方法をよくとります。しっかり洗顔しようとするあまり、クレンジングや洗顔フォームが肌が必要とする皮脂を過剰に奪っていると思われます。さらに加齢が進むと肌から分泌される皮脂が減少するようになり、お肌の乾燥化は加速していきます。
結論として洗顔の後に保湿目的で化粧水や乳液などを使用してスキンケアしてあげる事が必要不可欠なのです。
何よりも効果をはっきりと感じたのは、顔の筋肉のストレッチとトレーニングです。

年齢肌対策には、弱ってしまった表情筋を鍛え直すことで、顔の皮膚にできてしまったシワも薄くなりツヤ肌に改善されたように感じます。顔の一つ一つの筋肉を意識して行うことによって、特に効果がよく現れました。



年齢に囚われず若く見られるには、一番目立つ顔や首のシワを少しでも薄くすることが大事だと思います。

顔のトレーニングは、しわも薄くなり顔のたるみにも効果があります。道具もいらず、場所もとらず、思い出した時にすぐできるのがいいと思います。

乾燥肌の人は、化粧水や乳液をつけすぎてしまいがちです。ある化粧品会社で、本格的なメイクアップを受けたことがあり、プロのメイクアップアーティストさんから乾燥肌の場合はメイクを落とすところから変えてみるのがいいと教えて頂きました。



乾燥肌の人はメイク落としをクレンジングミルクにすると弱っている肌を優しく守りながら汚れを落とすことができるそうです。

手軽にメイクオフできるシートもありますが、擦ることで肌を痛める可能性があるので絶対に使ってほしくないと仰っていました。
ぜひメイク落としをミルクタイプに変えて乾燥肌から脱しましょう。

ここしばらく顎や輪郭にニキビができてしまうのが気になるので、毎朝必ず行う洗顔は水洗いと化粧水のみで肌に負担を掛けないようにし、出かけるときは日焼けをさけ、化粧品は必ず日焼け止め化粧品と日焼け止めも入っているBBクリームを併用して紫外線対策を行い、帰宅するとすぐにメイク落としを使用してしっかりとメイクと汚れを洗い流し、入浴は半身浴にして多く発汗するようにして、入浴後は髪をドライヤーで乾かす前に、コットンにたっぷりの化粧水を染み込ませた物で顔をパックしてから乳液で潤いを逃さないようにして、肌荒れや乾燥からの大人ニキビを予防しています。

妊娠中だけでなく産後しばらくの間もホルモンバランスは不安定な状態となり普段の肌質と変わってしまうこともあります。今までは乾燥なんて気にもならなかったのに突然乾燥肌になった、シミが増えてきてしまったかも。そうであれば、ケアもお肌の状態に応じてしっかりと行っていきましょう。



悪阻が酷くて動くのもしんどい…。そんな時に絶対に無理をするべきではありませんが、シミの数が増えたという場合には、家の中にいる時でも、また冬であっても日焼け止めを塗るようにするとシミができにくいのでぜひ塗るようにして下さい。

関連記事


Copyright (C) 2014 妊娠中ホルモンバランスの変化で肌荒れがひどいぜベイビー All Rights Reserved.

TOP
PAGE