妊娠中ホルモンバランスの変化で肌荒れがひどいぜベイビー

TOP PAGE ⇒ 「30歳を過ぎた頃から、目の下のシワやた」

30歳を過ぎた頃から、目の下のシワやた

30歳を過ぎた頃から、目の下のシワやたるみが気になってきました。
その頃に出産を経験したので、崩れたホルモンバランスも影響しているのかもしれません。細かい小ジワ、いわゆる「ちりめんジワ」も目の下にありました。


たるみ対策として目のストレッチをしたり、夜はお手入れに一手間加えています。体操は、目を大きく見開いて閉じるの繰り返しをします。

毎日のスキンケアは、化粧水だけでなく必ずパックも使用して潤いを与えた後、ワセリンを少しだけ目の下に塗っています。


アヤナスは敏感肌ケアとエイジングケアを同時に叶える化粧品です。乾燥肌は通常の肌よりもバリア機能が弱くなっています。


このように肌が弱体化している状態で紫外線や摩擦といった刺激を受けてしまうと炎症を起こし、肌内部のコラーゲンが分断され、肌からはハリがなくなり、シワやくすみが現れやすくなり、健やかな肌よりも老化が進んでいるように見えます。

アヤナスが特許を取得した独自の技術で角層の上に膜をはり、失われたバリア機能に変わってお肌を外部刺激から保護します。通常のセラミドと比べて4倍もの浸透力をもつ「セラミドナノスフィア」が徹底保湿します。毎日使うものだからこそ、選び抜かれた花の香りが毎日疲れが溜まりがちな女性のココロと敏感肌を心地よく潤してくれます。エイジングケア用のスキンケア商品を使っていますが、「普通に塗ってお終い」ではなくちょっとしたテクを使うようにしています。ほうれい線の目立つ小鼻から口の周辺はスキンケア化粧品をシワが伸びるように頬を膨らませた状態で塗るようにし、お肌の手入れの終盤には手の平で顔のたるみを持ち上げるマッサージをしています。まぶたや目の下もたるみ始めたので、目元ケアクリームを少しでもたるみが解消されるようにツボ押しやマッサージをしながら塗っています。
胎児をお腹に抱えている間は当たり前ですが、日頃から女性の皆さんに気を使ってほしいことは、数ある化粧品の中から何を選び取るか、ということです。選ぶ上で重要視されるべき項目こそ、化粧品が含む様々な成分であります。石油を主原料とした石油合成物質からなる成分を含んでいる場合、子宮に溜まってしまい赤ちゃんに影響が出てしまいます。



胎児が育つための羊水が濁って不適切な環境になってしまうだとか、母体から母乳へ石油由来成分が入り赤ちゃんの口に届いてしまうかもしれないと言われているようです。

これが本当にある話だとしたら驚きの内容です。
したがって石油を精製して作られる合成物質を含んだものを使用することはオススメしません。

シミができやすい私のスキンタイプは敏感肌で、吸収しやすいのか黒いので美白には無縁でした。そんな敏感肌でも美白したい方にオススメなのか「サエル」です。含まれている3つの植物エキスが肌を生き生きとさせ、シミの元になるメラニンが過剰に作られるのを防ぎ、さらには黒くなってしまったメラニンを白い状態に還元してくれるとっておきの化粧品です。



その結果、シミもくすみもない透明感あふれる美肌を手に入れました。
市販のコスメと比較すると若干高額ではありますが、結果を見てみれば安いくらいの商品だと断言できます。

私にはもう手放せません。

乾燥肌はカサカサするし洗顔後や起床後、ピリピリと痛いですね。
乾燥肌には保湿が最重要なのです。たっぷりの野菜やフルーツを食べビタミンなどの栄養を取り入れさらに大量に水分も補給します。そして化粧水をつけた後には肌の水分の蒸発を防ぐクリームや美容液をぬりましょう。
体内からと体外からも補給してあげることが大事なのです。

毎日習慣で行うものの中でも乾燥肌さんが特に気をつけるべきものが、入浴です。



お肌の美容のためには入浴することはメリットも多く大切な事ですが、誤った入浴方法では乾燥肌の起因になります。

乾燥肌にならない為に、入浴時に気をつけるべきことは以下の3点です。まず、高温のシャワーや入浴、長時間の入浴はやめましょう。

湯温は少しぬるいと感じる38〜39度、入浴は長くても20分までにしましょう。次に洗顔や体を洗う際に強く擦ったり、洗ったりするのをやめましょう。

特にタオルでゴシゴシはいけません。良く泡立てた洗浄剤を手のひらで伸ばすように洗う。



3.お風呂上がりは皮膚から水蒸気として水分が失われていく状態にあるので、ボディクリームなどを使用して潤いを閉じ込めるようにしましょう。

お肌のお手入れの基礎となるのが顔の洗い方です。

自分の洗顔を見直し正しい方法で行うことこそ、美しく整ったお肌へと続く近道なのです。

洗顔と聞いて顔を手で擦るように洗うものをイメージするかと思いますが、それは間違った洗顔方法です。洗顔は洗顔料の泡で顔を洗うことをいいます。顔と指が直に触れないように、肌の上で泡を転がすのをイメージすると美肌に近づく真の洗顔ができるのです。
洗顔したらできるだけ早く化粧水を使用し、乳液あるいは美容液でお肌の保湿に努めましょう。洗顔は肌が乾燥する原因の一つです。女性はメイクをするとクレンジングで落としてさらに洗顔料で落とすいわゆるW洗顔をすることが多いですね。その一連の作業がお肌に必要な油分まで洗い流してしまっていると考えられます。しかも年を重ねることで肌自身の油分が減っていくので一層乾燥に拍車をかけます。洗顔後はすぐに化粧水や乳液を使い保湿します。ケアをすることが大切なのです。
年齢を重ねるとシワやほうれい線なども数が増えて困りますよね。お肌の老化が気になりだしたらエイジングケアのスキンケア用品に変えた方が、肌年齢の進行を抑えるために必要だと思います。ところが、まだ肌が若く回復力もある20代の頃から予防しようとして、エイジングケアのスキンケア用品を使っても、多すぎる栄養は元気な肌にはマイナス要素でしかなくスキンコンディションは悪化します。


つまり、年齢も肌も若いうちから使えばより効果的というものではなく、肌年齢の状態に見合ったエイジングケアを行うほうが良いということを理解して、毎日のスキンケアを行いましょう。


関連記事


Copyright (C) 2014 妊娠中ホルモンバランスの変化で肌荒れがひどいぜベイビー All Rights Reserved.

TOP
PAGE