妊娠中ホルモンバランスの変化で肌荒れがひどいぜベイビー

TOP PAGE ⇒ 「女性のホルモンバランスは妊娠すると崩れて」

女性のホルモンバランスは妊娠すると崩れて

女性のホルモンバランスは妊娠すると崩れてしまうため、肌も乾燥しますし、肌荒れも起きやすいです。


これまで以上に保湿を心がける必要がありますが、中でも妊婦さんが注意すべきなのは「妊娠線」でしょう。

お腹が大きくなるのは胎児が大きくなっているからこそですが、その急激な変化に皮膚が伸びきらないために皮膚組織がちぎれて傷になってしまっているので、皮膚の傷である妊娠線を防止するには、保湿剤をこまめに塗って対応するだけでなく、急激に体重が増えないようにすることも大事です。冬季以外で肌の乾燥で悩む事はほとんどないのですが、寒くなってきてヒートテック系の肌着を着用するようになると肌が乾燥してきます。ヒートテック系肌着が使用している吸湿発熱素材は大きな特徴として、人間の肌が自然と出している水蒸気を吸い取ってその際に発生するエネルギーを元に発熱としている訳ですが、普段は肌の乾燥は気にならない私ですが、こうして肌から水分が奪われてかなり乾燥肌になってしまいます。
発熱系素材の肌着等を使用していて、これまで以上に乾燥肌が顕著になったという方の要因はこれだと思われます。



吸湿発熱系素材のインナーを着るのなら「外出前&帰宅後」には、、しっかりクリームなどによる保湿をすることをオススメします。

長年愛用してきたメイク落としはオイルタイプでした。なぜかといえば、落ちにくいマスカラなどの汚れもきちんと洗い落とすと信じていたからです。

思惑とは裏腹に、オイルクレンジングでは乾燥肌の私の肌が必要とする皮脂を余計に洗い流してしまっていることがわかり、クレンジングジェルに切り替えました。



何ということでしょう、カサついていた肌にしっかりと皮脂が分泌されるようになり顔を洗ってから肌がつっぱる感覚も無くなりました。

どうしても顔がカサカサするという方は使用しているクレンジングの種類を変えてみましょう。

肌の乾燥の原因とされるものの一つに洗顔があります。女の人は化粧をするとメイクを落とすためにクレンジング剤を使用してから洗顔フォームなどで顔をしっかりと洗い上げる方法をよくとります。しっかり洗顔しようとするあまり、クレンジングや洗顔フォームが肌が必要とする皮脂を過剰に奪っていると思われます。
しかも年齢を重ねていくと皮膚が分泌する皮脂の量は低下するようになり、乾燥が助長されることになります。



結論として洗顔の後に保湿目的で化粧水や乳液などを使用してきちんと肌を整える必要があります。


いちご鼻というのは、鼻の形と毛穴の黒ずみがまるでいちごを彷彿とすることからきています。いちご鼻を消し去るには、粘り強くスキンケアをしていきましょう。

鼻の角栓が目立って気になってくると、手で押し出してしまいがちですが、この行為には注意して下さい。

肌は刺激を受けると、メラニン色素という成分を分泌するからです。強い紫外線にさらされて皮膚が黒くなってしまうのは、メラニン色素による皮膚の防衛反応です。詰まっている角栓を指で押し出す行為は、刺激によって排出されたメラニン色素で皮膚が黒ずむ要因となり得るのでお勧めしません。肌が乾燥する理由の一つは洗顔です。

女性は化粧をしたらクレンジングで落しその後洗顔フォームで洗うことが多々あります。

その時に、クレンジングや洗顔フォームが皮膚に必須な油分まで洗い流していると思われます。
W洗顔は年齢を重ねた肌には、肌自身の油分が減っていくのでさらに乾燥しやすくしてしまいます。洗顔後はすぐに化粧水や乳液を使い保湿します。
大切なことは洗顔後のケアです。
妊娠線ができたら最後、消す事はできない!そんな恐ろしい話を知っていたので、妊娠線ができないように妊娠初期から様々な事をしていました。妊娠線は主にお腹や太ももにできるので、ボディケアミルクやマッサージクリームを保湿目的でお風呂から出た後には必ず塗っていました。使用したボディクリームなどはマタニティ用の低刺激なものです。

しっかりとケアしたので妊娠線はできませんでした出産から3か月が経ちましたが、今も継続してお腹にボディクリームを塗るようにしています。
スキンケアは私にとって女の子にとってもとても欠かせない物です。

男の子にとっても洗顔後のお手入れは今や当たり前、ツルスベ肌を手に入れて女性が羨ましがるほど綺麗な方も多くなりました。加齢とともに肌も年老いていくので私は日常的に家から出ない場合でも絶対に日焼け止めを使うようにしていたり、洗顔用せっけんも良く泡立てネットで泡立てふわふわにした石鹸を使って洗顔し水で流したりします。ほんのわずかな心がけでも、年老いてからこれまでコツコツと続けてきたことがお肌に現れてくることを願ってスキンケアは常に意識してやっています。

妊娠中はつわりのせいであまり食事が取れませんでした。
なので栄養も不足していたのかもしれませんが、とにかく肌荒れがひどかったです。
さらに困ったことに均衡の崩れたホルモンバランスの所為か、いつもの化粧品も肌に合わなくなり痒みが出るようになってしまいました。
ひとまず化粧水をアレルギー肌向けの肌に優しいものにしてみたところ痒さは随分となくなりました。さらにシミが増えたり濃くなったりするとも聞いていたので日焼け止めクリームも子供にも安心して使える低刺激タイプのものを塗るようにして、日焼けには気を付けました。年齢を重ねるとほうれい線やシワもはっきりと現れてしまうのは困りものですよね。



肌トラブルが老化に伴うものであればエイジングケアのスキンケア用品に変えた方が、年齢肌を抑制することに繋がります。
そこで、早くから対策を取ろうと20代のうちから、スキンケア化粧品をエイジングケア専用のものに変えても、必要以上に養分を与えてしまい寧ろ肌の状態が悪くなってしまいます。



したがって、「対策するなら20代から!」は間違っており、エイジングケアは年齢に応じて行っていくものだと理解した上で、お肌ケアをしていきましょう。

関連記事


Copyright (C) 2014 妊娠中ホルモンバランスの変化で肌荒れがひどいぜベイビー All Rights Reserved.

TOP
PAGE