妊娠中ホルモンバランスの変化で肌荒れがひどいぜベイビー

TOP PAGE ⇒ 「私の肌は敏感肌でシミに悩まされることも」

私の肌は敏感肌でシミに悩まされることも

私の肌は敏感肌でシミに悩まされることも多く、美白しようにも元々が紫外線を吸収しやすいのか肌は黒くなりがちでした。サエルはそんな人のためのものだと思います。
コウキ葉、ムラサキシキブ、アルニカの3つの天然エキスを含んでいるのでお肌にも優しく、メラニンの生成を抑えてくれる優れもの。


この効果によって、肌に透明感もたらして透き通る白さに。市販のコスメと比較すると若干高額ではありますが、コスパの面で言えば絶対に損はしない効果を得られる商品だと思います。
私にはもう手放せません。妊娠中は悪阻が酷く食事も満足に取れませんでした。

このため栄養も足りていなかったのだと思いますが、なんにせよ肌が荒れてしまって悩まされました。
さらに困ったことに均衡の崩れたホルモンバランスの所為か、いつもの化粧品も肌に合わなくなり痒みが出るようになってしまいました。

一時的ではありますがアレルギー肌でも使える低刺激な化粧水を使用したところ症状が緩和されました。

肌質の変化の他にシミができやすくなることも知っていたので日焼け止めクリームも子供にも安心して使える低刺激タイプのものを塗るようにして、日焼けしないように努めました。



私の場合は産後に、顔全体に吹き出物のようなものがたくさん出来てしまいました。話には聞いていた産後の体質の変化ですが、私はそうはならないだろうと勝手に思い込んでいたのでとても驚きました。


赤ちゃんは母乳のみを与えていたので使用する薬の成分によっては赤ちゃんに影響が出てしまうので、保湿をしっかりして肌そのものが持つ力だけでの改善を試みました。
育児に追われて忙しくしていますが、毎日欠かさずに保湿を行った結果、少しずつではありますが顔中にあったニキビのようなものは目立たなくなってきました。
さぁ、気がつけば冬目前。季節がめぐるのは早いですねぇ。冬の訪れとともに気にすべきなのはお肌の乾燥。



今シーズンの乾燥肌を確実に防ぐためにぜひ積極的に取り入れてほしい栄養素はずばり、「亜鉛」です!亜鉛は栄養素の中でも特に人体が必要とする無機質(ミネラル)であり毛髪や爪、もちろん皮膚といった新陳代謝の活発な場所にこそ大きく作用するんですよ!亜鉛は牡蠣やレバー、牛肉、たまご、チーズなどにたくさん含まれているのでご家庭の食卓にも沢山登場させてあげてくださいね☆妊娠がわかってすぐ、いつも通りのスキンケアでは肌が負けてしまい敏感な状態になってしまいました。



衣類の刺激で体がチクチク痒くなったり、顔もガサガサとして潤いがなくなってしまいました。
この時、これ以上肌に負荷をかけたくなかったので無添加の化粧品を使うこと決めました。
出産後はこれまでの体の痒みが嘘のように消えました。
顔や肌の乾燥も元どおりになって欲しかったのですが、それは叶いませんでした。
出産してからは体力も戻りきらないうちから赤ちゃんのお世話に追われ、出産前と同じように自分の肌と向き合う時間を確保することができず、時短でもしっかりとスキンケアできるオールインワンジェルを愛用するようになりました。エイジングケアを目的としたコスメを愛用していますが、満遍なく塗るというよりも塗り方に一工夫しています。
ほうれい線ができてしまった口周りは線がなくなるように頬を膨らませてから美容液などを塗布し、お肌ケアの終わりにはあご、頬、こめかみを手のひらでグイーッと押し上げるマッサージをするようにしています。
まぶたや目の下もたるみ始めたので、目元専用クリームを目の回りやツボを押しながら塗り込んでいます。
化粧品の中でもアヤナスなら、敏感肌のお悩みケアとエイジングケアが同時に可能です。

乾燥肌は肌のバリア機能がほとんど働かない状態にあります。そこに紫外線や化粧品など外からの刺激を受けてしまうと弱っている肌はたちまち炎症反応を起こしてしまい、肌内部のコラーゲンが分断され、肌からはハリがなくなり、シワやくすみが現れやすくなり、年齢よりも老けたお肌に見られてしまいます。アヤナスは特許取得の技術でバリアの膜を張り、肌本来のバリア機能に変わってお肌を守ります。
しかも、その浸透力と保湿力は普通のセラミドの4倍にもなる「セラミドナノスフィア」が、肌内部までしっかりと潤いを届けます。香りにもこだわり、様々なストレスに耐える大人女子の敏感肌をふんわり優しく潤します。妊娠中や産後はホルモンのバランスでお肌のタイプがこれまでとは変わってしまう事があります。
今までは乾燥なんて気にもならなかったのに突然乾燥肌になった、シミが目立つようになってしまった…。そうであれば、ケアもお肌の状態に応じてしっかりと行っていきましょう。



辛いつわりで動けない、という方もいるでしょう。
肌ケアのためだけに無理は避けてほしいと思いますが、シミが増えてしまったかもという方は、家から出なくても冬であったとしても日焼け止めを塗っておくとシミの発生を防ぐことができるのでお試しくださいね。30代に突入してから、肌にも年齢が出てきて肌トラブルが増えるようになりました。

エイジングケアを始めるのなら今だ、と顔のマッサージを取り入れるようにしました。



加えて、サプリの摂り方を食生活からもう一度考えるようにして、肌の内側から変えるようにしました。
こうした取り組みが功を成し、ニキビもできにくくなり、見た目にも張りを失っていたお肌に潤いが復活したように感じられます。
くすんでしまっていた肌の色も少しですが明るさが戻ったので、肌の老化が軽いうちに対処できたのだと思います。
冬季以外で肌の乾燥で悩む事はほとんどないのですが、寒さ対策でヒートテック系の肌着を使用し始めると感動肌になってしまいます。ヒートテック系肌着が使用している吸湿発熱素材は大きな特徴として、皮膚が水蒸気として発している僅かな水分子を吸収しその時に気体から液体に変わる瞬間の発熱エネルギーを暖かさの仕組みとしているのですが、普段は肌の乾燥がない私ですが、ものすごい乾燥肌になります。

吸湿発熱素材を使用した肌着などを着ていて、乾燥肌が気になる方はコレが原因の可能性がありますよ。
吸湿発熱系素材のインナーを着るのなら「外出前&帰宅後」には、クリームなどできちんと保湿をしてあげることが乾燥肌を防ぐオススメの方法です。

関連記事


Copyright (C) 2014 妊娠中ホルモンバランスの変化で肌荒れがひどいぜベイビー All Rights Reserved.

TOP
PAGE